ECBの金融緩和、マイナス金利深掘りと、昨日は金にとって上がる要素が、ドラギ総裁よりでました。

金価格はすぐ上昇しましたが、すぐ下落し落ち着きを取り戻しました。

金価格は1500ドル弱が底値のようですね。1450ドル前後になってもおそらく一時的となります。
長期的には金価格は上昇になります。