恐々経済

2007年から恐慌を予測しています。 この情報を基に投機をしないでください。

恐々経済 イメージ画像
2007年11月に世界株価の大暴落(中国は10月)、2019年に世界株価暴落の兆しがあります。

更新情報

この先ダウが大暴落すると、ドル高。ダウが底になる頃、円高に変わる。松藤民輔氏の11年前の本を読んでいると、1ドル126円が書かれていた。長期的には150円がターゲットと・・・。日本円以外は猛烈なドル高になる。しかし、ロバート・キヨサキ氏の本を読むと、米ド

ダウは、FRBの市場介入により(紙幣をたくさん刷っている)、紙幣の価値に対して価値を下げないためにやや上昇しています。このご時世、ダウ30種の中の航空・建設・石油業界が下げても、ヘルスケア業界他が上昇すれば相殺になります。他の業種は新型コロナにより徐々に利益

しばらく15ドル前後で推移理由は、読まれた方はご存じかと思われるが、以前書かれた松藤民輔氏の本の通りの動き。実はここ2ヶ月読み返していて同じ動きです。

2020年4月22日 19:28現在Gold/Silver Ratio 114.52 危険指標の114を超えました。ダウは危険な状態です。

2020年4月21日 19:20現在Gold/Silver Ratio 112.68 危険指標の114に近づきました。VIX 45.55 19.4%上昇WTI 15.8ドルこの数値を見ているとダウが暴落間近にみえる。トランプ大統領が何かを発表をすればまたしばらく暴落が伸びることになる

https://www.asahi.com/articles/ASN4P3PNWN4PULFA00F.htmlここからわかること米国では原油が貯蔵できないほど消費できないことをあらわしていいます。米国の経済はそれほど落ち込んでいるということになります。大恐慌状態ですね。また、原油市場はまだ下落する可能性があり

↑このページのトップヘ